ホームページの沿革 詳細はこちら

二男との伊豆旅行

 行ったこともないのに突然「爪木崎の水仙」を見たくなった。ネット検索すると1月で水仙まつりは終了していたが、河津桜の良い季節と分かり、このホームページの編集者兼エンジニアである二男を誘って、2024年2月9日~10日に伊豆に出かけた。河津桜だけではなく、菜の花もきれいだった。爪木崎の水仙も盛りは過ぎていたが、まだそれなりに楽しむことができた。海を向こうに見ながら手前に水仙の花壇が見える景色に感動した。穏やかな陽気で、ベンチに腰掛けていると本当に気持ち良く心が洗われた。

爪木崎の水仙
爪木崎の水仙と筆者(2024年2月10日)

 伊豆は東京からほどよい距離で温泉もあることから、研究室旅行や家族旅行で何度か訪れたことがある。ただこの時期は大学が「学位審査」や「年度末用務」で忙しく、水仙を見ることも河津桜を見ることもかなわなかった(考えもしなかった)。
 天城峠では、先日の雪が道の両脇に残っていたが、ドライブには支障がなかった。そういえば、その昔「イノシシ村」が天城峠にあったのを思い出した。イノシシを訓練して輪くぐりなどの芸当を教え込み、観光客に見せていた。今は「イノシシ注意」の道路標識が天城峠の近くにあった。また、「しし鍋屋」の看板を何件か見かけた。時代は変わる。

河津桜まつり(2024年2月9日)
河津桜まつり(2024年2月9日)

 行きの沼津では、TVで何度か見た「さわやか」の「げんこつハンバーグ」を堪能した。私は大食漢ではないが、牛肉の味わいがあり後味が良いボリュームのあるハンバーグだった。1時間以上待っての食事だったが、一度は食べてみる価値があると思った。
 翌日のお昼は、昔研究室旅行で訪れた「三島の鰻」を味わった。お店は違ったかもしれないが、美味しく頂いた。うな重は予想通り美味しく、白焼きは柔らかく、思っていた以上に美味しかった(30年前に訪れたのは、まさにこの桜家であることを後日確認した)。
 帰りの海老名サービスエリアでは、二男に下り車線のサービスエリアへ行ってもらい「メロンパン」をたくさん買ってきてもらった。海産物のお土産も買っていたが、留守番させた家族へのお土産である。
 おだやかな天気にも恵まれ、今まで味わったことのない伊豆旅行だった。二男との二人旅も初めてで楽しかったのだが、奴はどう思っているのだろう?

さわやかのげんこつハンバーグ(2024年2月9日)
さわやかのげんこつハンバーグ(2024年2月9日)
三島のうなぎ桜屋(2024年2月10日)
三島のうなぎ桜家(2024年2月10日)
伊豆旅行の詳細(クリック)

2月9日

14:00
さわやか(沼津学園通り店)
さわやか学園通り店
さわやか沼津学園通り店
げんこつハンバーグ提供時(動画)
16:30
河津桜まつり
河津桜祭り(2024年2月9日)
河津桜まつり
17:30
下賀茂温泉 河内屋
スクロールできます
ホテル河内屋
ホテル河内屋
河内屋の夕食
河内屋の夕食
河内屋からの夜桜(2024年2月9日)
部屋からの夜桜

2月10日

08:30
みなみの桜と菜の花まつり
宿泊先のホテル河内屋全景(伊豆下賀茂温泉)
下賀茂温泉の河津桜
菜の花畑
菜の花畑
09:00
伊豆漁協 直売所
伊豆漁協直売所
10:00
爪木崎の水仙
爪木崎の水仙
展望台からの爪木崎
爪木崎の水仙
爪木崎の水仙
14:00
三島うなぎの桜家
三島のうなぎ桜屋(2024年2月10日)
三島のうなぎ桜家
うなぎの白焼き
16:30
海老名SAぽるとがる
ぽるとがるのメロンパン
海老名SA「ぽるとがる」のメロンパン
  • URLをコピーしました!
記事の執筆者と略歴

この記事の執筆者

片岡宏誌のホームページ 片岡 宏誌 農学博士
                                               
1981年 東京大学 農学部 農芸化学科 卒業
1983年東京大学 大学院農学系研究科 農芸化学専攻 修士課程 修了
1986年東京大学 大学院農学系研究科 農芸化学専攻 博士課程 修了(農学博士)
1986年 Sandoz Crop Protection 社 Zoecon Research Institute(アメリカ・カリフォルニア州)ポストドクトラルフェロー
1988年 日本学術振興会 特別研究員(東京大学)
1988年 東京大学 農学部 助手
1994年 東京大学 農学部 助教授
1999年 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授
2024年 東京大学 定年退職

コメントする

コメント送信後は管理者が公開を承認するまでお待ちください。なお、スパム対策等によりコメントが拒否されることがあります。

目次